【小学生】バドミントンの技術練習は必要?強い選手になる方法

小学生のうちから技術練習はやるべき?

小学生の技術練習ってどうやってやればいい?

と悩んでいませんか?

私はパワーや体格で勝てない&当時の監督が技術練習に熱心だったことから小学生の頃からたくさん技術練習に取り組んできました。

そして現在(大学)に至るのですが、『小学生の時に技術練習たくさんして良かった』と感じることが多いので『なぜ小学生が取り組むべきなのか』をご紹介します。

私は超頭脳派バドミントンプレーヤーなので技術力がなかったら激弱です(逆に技術で勝てることって多いです)

今回の記事で得られるひきだし
  • なぜ小学生に技術練習が必要なのかわかる
  • 小学生に必要なことがわかる
  • 小学生のうちに身につけたいことがわかる

この記事では『なぜ小学生は技術練習が必要なのか』を具体的にレクチャーします。

目次

バドミントンは小学生だからこそ技術練習を徹底して取り組もう

そもそも『技術』とは、

  1. どこからでも全方向に打てる
  2. ヘアピンと見せかけてロブなど細かいフェイントが使える
  3. ショットで決め切れる力

基本的なバドミントンがしっかり身につけば『技術』は必ず身に付きます。

技術を習得するには長い時間が必要。パワーは後から付けれる。

小学生を指導している、あるいはしようと考えている人は必ず頭に入れておきましょう。

様々な考え方があるかもしれませんが、パワーは大きくなった時につけるべきです。

小学生は身長などが成長途中ですから、無理に筋力をつけるのは避けましょう。

逆に、バドミントンの技術練習は小学生にたくさん取り組むようにしましょう。

基礎を作ったり感覚を養ったりする大切な時期なのでシャトルを打つ時間を確保するようにしましょう。

パワーだけで勝とうとするのは危険です

大前提として基本的なバドミントンができないと『パワーを付ければ勝てる』ラインに到達しません。

基本的なバドミントンができて初めて、そこから『パワーをつけてレベルアップをはかる』段階に移行していきます。

そのため、基本的な練習を甘くみて「パワーさえあれば勝てるだろう」と考えている人は大間違いです。

私が小学生の頃はパワーがない&ガリガリでなかなか勝てませんでした。

そのため自然と技術やメンタルで勝負せざるを得なくなったのもありますが、今になって技術練習をしていて良かったとかなり感じています。

  • パワー負けしていても技術で勝てることがある
  • フェイントで楽に点を取れるようになった
  • 基礎ができているので新しい技術をすぐに習得できた

など、その時は気がつかなかった技術練習のメリットを今になってとっても感じています。

バドミントンの技術習得には時間がかかる

当たり前かもしれませんが、技術をつけるにはかなりの時間が必要です。

技術の習得は打てるだけでなく、試合で使えるようになって初めてできるようになったと言えます。ということは、繰り返し練習して試合で試すという工程が必要です。

初めて習う→打てるようになる→練習で使えるようになる→試合で使えるようになる

段階を踏んでできるようになっていきます。なので時間がとてもかかるのです。

そのため、早めに取り組んで早く試合で使えるようになることを目指しましょう。

小学生のうちは全てのショットが打てなくてもいい

小学生の間の技術練習ではとにかく『基礎を身につける』ということを大切にしましょう。

  • 悪い癖(フォームや握り方)が付かないようにする
  • 綺麗なヘアピンを打てるようにしておく
  • 同じフォームから打ち分けることを意識

『同じフォームで』とありますが、パワーがなくてロブが後ろまで飛ばせないからといって大振りになったりしないようにしましょう。

何回も言いますが、パワーは後からいくらでも付いてきます。

今は『基礎を固める大切な時期』ということを頭に置いて指導してあげましょう。

大きくなってからの差は『狙える技術』

一番避けたいのが『コート内は動けるけどシャトルをただ返すだけで決めれない』選手になることです。

仮に自分と同じくらい動けてシャトルを拾える選手がいたとしたらどこで差をつけたらいいのでしょうか?

そこで差になるのが『ラリーの中で決め切れるかどうか』です。

決め切れる=点数を取れるようにするには『狙う技術』が必要です。

『動き』は基本的に皆同じですし、ある程度のレベルまでいくと大体のショットが相手に拾われてしまいます。

そんな中でどう点数を取るかというと『相手を揺さぶって最後に決めきる』ことしかありません。

自分で考えた配球パターンをしっかりと打てるようになるには『狙える技術』が必要です。

まとめ バドミントンの技術練習は小学生から取り組もう

今回のひきだし
  • いくらパワーがあっても基本的なバドミントンができないと『パワーを付ければ勝てるライン』に到達しない
  • パワーは後からついてくるが、技術を後からつけるのは難しい
  • 小学生のうちは全部できなくてもいい。

→基本的なことをしっかりできるようになると技術も後から増やせる

バドミントンはどこからでも四隅にしっかりと打てるようになると面白くなってきます!

技術練習はとても時間がかかることです。小学生は基礎を固める大切な時期です。

とにかく早く技術練習をはじめて、たくさんのショットを習得しましょう!

よかったらシェアしてね!

 

 




 

 

 

目次
閉じる