【練習方法】バドミントンのロブを徹底的に強化するオススメ練習方法

カットを打たれたら取れない!(泣)

ラリーの中のロブが甘くなってしまう。

シングルスをしている時に特に感じることが多いロブの重要さ

もっとロブを安定させることができたら…

と感じることがあると思います。ロブが安定していないとバドミントンは勝負になりません。

そんなロブを安定させ、もっと精度を高めるための練習方法をご紹介します。

目次

はじめに バドミントンのロブは足が超重要

ロブを安定させるための大前提として足をしっかりと踏み込むことが大切です

まずはこのことを頭に置いておきましょう。とにかく足が大切なんです。

バドミントンのロブははシャトルの下までしっかりと足を出すことができれば安定させることができます。

バドミントンが強い人の試合を見たらわかりやすいのですが、しっかりとシャトルの下まで足を踏み込むことができています。だから安定してロブが打てるのです。

今回はそんな足が鍵を握ると言っても過言ではないロブの強化方法(練習方法)についてご紹介します。

かなり足がきつい練習になると思いますが、ロブが打てるようになると思ってレッツトライ(笑)

打ち方が分からない・パワーがないからどうしたらいい?

もし、安定してロブを飛ばせるようになる前に打ち方が分からないという場合は下の記事を参考にしてみてください。

また、小学生や女子選手などパワーがないことで飛ばせないという人も是非参考にしてみてください。

バドミントンのロブを強化する練習方法

今回はオススメロブ強化の練習方法として2つご紹介します!

  1. 手投げノック
  2. シャトル置き

この2つです。どちらも聞いたことがあるかと思います。

ロブはギリギリの球を取りに行く練習を繰り返していくことでシャトルを触れる範囲が広がっていきます。

更にそこから安定して打てるようになることを目指します。

なので、まずはネット際のギリギリのシャトルをしっかりと触れるようになることを目指していきましょう。

❶手投げノック

とても足の筋力を酷使するので覚悟してやりましょう

ちなみに私も筋力がないということでネット前の球を取るのが苦手。この練習はたくさん積んできました。

かなりきついとは思いますが、自分で『取れるようになりたい!』と意識を高く持って取り組めばかなり効果がでますよ。

この練習では投げる人が椅子や台に登って上からシャトルを投げます。

カットがネット際にきた時にロブを打ちにいくというイメージでシャトルを投げてください。

私のオススメは

  1. 左右交互パターン
  2. 左右どちらにくるか分からないパターン

この2パターンです。

また、意識するポイントとして『膝を曲げて体勢を低く』『センターに戻ってから動き出す』ことです。

センターに戻ってから動くと試合と似たような動きのパターンになるので大事です。

自分で追い込めばかなり足にくると思いますが、足腰を鍛えれば確実にネット前が取れるようになります。

私は未だにネット前が苦手なのですが、足腰をたくさん鍛えると取れる範囲が広がりました。

❷シャトル置き

この練習も足腰を鍛えるような役割です

ネット前のシャトルを取れるようになるには足をシャトルの落下地点まで運べるようになる必要があります。

そのために足腰の筋力が必要なわけですが、

ウエイトトレーニングで鍛えたらいいんじゃないの?

と思う方もいると思います。

実際にその通りではあるのですが、『バドミントンで実際に使う筋肉を鍛える』という観点から考えるとシャトル置きはオススメの練習方法です。

シャトル置きのメリットは、

  • コートのライン上まで動けるようになる
  • 床にシャトルを置くので足腰に負荷をかけることができる
  • ネット前に足を出して耐える筋肉を鍛えることができる

また余談ですが、シャトル置きは上半身の怪我をしていてもできるメニューです。

手首や肩、肘など『下半身は怪我をしていないんだけど、打てない』そんな時にオススメです。

私も怪我をしていた時にたくさんシャトル置きをしていたので、いざコートに復帰した時もすぐに動き始めることができました。

シャトル置きのパターンとしては、全面で行うメニューもありますが今回は『ロブの強化』なので

ネット前(ポール付近)に置いているとこから始めるシャトル置きがオススメです。

  1. 6個シャトルを用意し、サイドラインのネット前に全て立てておく
  2. センターから動き始めてシャトルを1つ取って逆サイドに置く
  3. センターに戻る
  4. これを繰り返す

このようにしてシャトル置きを繰り返していきます。

逆サイドに全てシャトルを移し終えたら終わりでも、もう一度元の位置に運ぶでもOKです。

足が相当きついと思いますが、足腰がかなり鍛えられるのでロブの精度が格段に上がります。

足腰を鍛えてもロブが安定しない

実は足腰だけを鍛えるだけでいいほどバドミントンは単純ではありません

バドミントンは足腰の筋力があるだけでも、技術を持っているだけでもいけません。

ロブというショットひとつとっても、様々な要因が関係し合ってうまく飛ばせるようになるので

  • 足をしっかりとシャトルの落下地点まで踏み込むこと
  • 安定した足腰の筋力
  • シャトルをヒットする位置

様々な要素が関係し合っていいロブが飛ばせるようになるのです。

なので今回は足腰を鍛えるトレーニング的要素の強い練習方法をご紹介しましたが、

自分には何が足りないのか、を探して練習していくことが大切

常に自分の足りないところを模索しながら練習していきましょう。

今回の『ひきだし』 バドミントンのロブを徹底的に強化しよう

今回はロブを徹底的に強化するオススメ練習方法をご紹介しました。

シングルスに限らずバドミントンではロブの精度がとても重要です。

そんなロブをしっかりと強化すればバドミントンが変わってきます。ぜひ足が筋肉痛になるまで練習してみてください(笑)

よかったらシェアしてね!

 

 




 

 

 

目次
閉じる