【継続】バドミントンを辞めたいと思ったら!まず読んでほしい話

バドミントンって超きついから辞めようかな(遊びたいし)

こんな風に思っている人も思っていた人もいるのではないでしょうか。

私は約15年バドミントンに取り組んできました

中学校、高校、大学と進学するタイミングで「もうバドミントンやめよう」と本気で何度思ったことか…

しかし(私の場合少し強制的に)継続してきた結果、

私自身がバドミントンからたくさん学んでいることに気がつきました。

結論から言うと「辞めない方がいい」に一票なので

今悩んでいる人に対して考え直してもらうきっかけになるといいなという思いで書きました。

目次

はじめに バドミントンを継続するのは大変

バドミントンって相手がいるスポーツなので、なかなか自分の思い通りにできないですよね。

逆に言うとその駆け引きがバドミントンの醍醐味でもあるのですが…

そして何より超ハード

私はバドミントンを15年近くやっているにも関わらず運動は嫌いです(できるけど嫌いなタイプ)

どんな部活よりハードだと信じてます…

また皆さんご存知の通り、バドミントンは色んな要素を求められるスポーツです。

  • 持久力
  • スピード
  • メンタル

などなど本当にたくさんの要素を複合して強化していく難しさ・辛さがあります。

しかしバドミントンって大変であること以上に

継続してよかった

と思えることが多いんです。

どんなことが考えれるでしょうか。

バドミントンの競技自体に関係ないことも踏まえて書いてみます。

皆さんもぜひ考えてみて下さい。

結論 バドミントンは辞めるべきでない

先ほどもフライングで述べましたがバドミントンを辞めるのはもったいないです。

というのは

『バドミントンの競技を通して身につくものはたくさんある』

からです。

バドミントン自体は正直なんの役にも立ちません。

(ちょっとやってみてよ!で披露できるものがない)

しかし考え方を変えて、

『バドミントンの競技自体を通して得られるもの』

はたくさんあると思いませんか?

バドミントンを継続してよかったこと

継続する大変さ&大切さを知れる

継続って何に関しても難しいですよね。

継続は力なり

この言葉があるくらいとにかく大変です。

しかし、

「3年間部活を頑張った」

「6年間地元のクラブでバドミントンに励んだ」

と続ければ続けるだけ

本当に凄いことをしているんです。

意外と続けている本人って『そんなにすごくないこと』『当たり前』と思いがちですが

逆に大変な競技だからこそ途中で辞める人も多いわけです。

結果どうこうよりは継続することで努力の大変さや達成感が大事

私は高校3年間でたくさんケガや病気に悩まされたこともあって何度も「辞めたい」と思っていましたが

いざ3年生となって引退し、送られる立場になると3年間やり切った達成感から

「部活は辞めるもんじゃないな」

という感情になりました。

やはり『達成感』は継続しないと得られないので

自分が生きていく上で諦めそうな時の大きな力になってくれます。

バドミントン以外でも生かせることがある

何かに頑張れる人は他のものでも頑張れる

私はこう思っています。

『努力する力』も日々の訓練なのです。

私はバドミントンを一生懸命頑張ってきました(現在も)

そんな中、周りの人からも『努力できる子』として認識されることで信頼を得たり、褒めてもらえることが多くなりました。

これはとても自分にとってとても嬉しいことですし、辞めなくてよかったと感じることができましたね。

また、実際の社会でも『就職に体育会は有利だ』という風潮があるように

『努力できる人』は重宝されるのです。

それは『何かに頑張れる人は他のものでも頑張れる』と認識されているということですし

『努力は認められる』ことを示していると思います。

部活を通して他校に友達を作ることができた

これは余談になりますが(笑)

学校が面白くないな、と思っていても

「〇〇いるからバドミントンしようかな」

って思うくらい

新しいコミュニティーで友達が作れたのは大きいです。

遠征のホテルで他校の子と泊まれるのが楽しかった思い出ですね(笑)

でも学校では経験できないことを経験できるという点ではメリットかなとは思います。

でも本当に辞めたかったら辞めるべき

辞める=逃げ

だとは全く思いません。それは、

バドミントンが全てではないから

バドミントンを途中でやめてしまったとしても

それまでに得たことさえ生かしていけばそれだけでいいのです。

また期間が長ければ長いほど辞めるということ自体に勇気が必要です。

しかし勇気を振り絞って決めた決断ならきっと後悔しないはずです。

私は今まで述べてきたようなことからバドミントンを辞めるべきではないと考えていますが、

もしかしたら他のことの方が自分に合っているかも知れませんしね。

やってみないとわからない精神も大事

何が正しいかはやってみないとわかりません。

逆に私は他のスポーツに挑戦したことがないので、もしかしたらバドミントンじゃないスポーツでもっと活躍できたかも知れませんしね(笑)

今回のひきだし バドミントンは継続するべき!

続けたことで得られるものは全くないと思いますか?

私はバドミントンの結果や強さだけでなく、継続にも意味があると考えています。

もし悩んでいるのなら『継続』する選択を心からお勧めします!

よかったらシェアしてね!

 

 




 

 

 

目次
閉じる