【試合直前】バドミントンの試合で実力を出す!おすすめの過ごし方

試合の直前になって緊張してしまう!

直前になるとソワソワして落ち着かない…

そんな風になることがありませんか?

皆さんは試合の直前になって落ち着かなかったり緊張が高まってしまったりしませんか?

緊張のせいで実力が出しきれなかったらもったいないですよね。

私も直前になって緊張しすぎてしまってガクガクになることもありました。

どうしたら緊張力に変えて試合で実力を発揮することができるのでしょうか?

この記事を読んで得られるひきだし

緊張しても試合で自分の実力が出せるようになる

試合前おすすめの過ごし方がわかる

この記事では試合『直前』に行ってほしいことやおすすめすることなどをご紹介していきます。

目次

バドミントンの試合前!実力を発揮するためのおすすめの過ごし方

皆さんは普段どんなことをして試合直前の緊張する時間帯を過ごしますか?

人によって様々なルーティーンや習慣があると思います。今回はたくさん試合をしてきた私が特におすすめする方法をご紹介するので是非参考にしてみてください。

おすすめの過ごし方は

  1. とにかく人と話す
  2. 音楽を聴く
  3. 対戦相手の試合は見過ぎない

今回お話するのは試合直前での過ごし方です。会場について試合まで、という感じです。

試合の前日などについての記事もあるので合わせて読んでみてください。

そもそも試合前の緊張は悪いこと?

勘違いしないでほしいことが、『緊張は悪くない』ということです。

決して緊張することがいけないことでは全くありません。

むしろ緊張するのは『それくらい勝ちたい』と思っているから、かもしれません。

試合に慣れていないから緊張する場合もあると思いますが、ちゃんと練習を積んできたからこそ緊張するのではないでしょうか?

私も試合前に緊張する時は「今まで頑張ってきたよね、無駄にしたくないよね」と考えるようにしています。

緊張すること自体が悪いのではありませんが、緊張のせいで実力が出せないのではお荷物なだけですよね。

ですから、そんな緊張も自分の力に変えられるように『楽しむ』ことを心がけましょう。

おすすめの過ごし方① とにかく人と話す

これは実際にテニスプレーヤーなどが行っている方法です

とても簡単な方法の一つで、『とにかく人と話す』という単純な方法です。

試合の直前はアップなどをしますよね?その時間に人とおしゃべりをするのです。

人と話すことでリラックスしていきます。また、会話の中で笑顔を心がけてください。

笑顔から緊張はほぐれていくことはたくさんあります

私はこの方法を一番実践していました。毎回の試合で取り入れていたのである意味ルーティーンのようになっていたのかもしれませんが、自分にはかなり合った緊張のほぐし方でした。

この時におしゃべりに夢中になってアップを疎かにしないように気をつけましょう。

普段話すタイプではないという方も少し取り入れてみるといいかもしれません。

おすすめの過ごし方② 音楽を聴く

スポーツをしている人が音楽でリラックスしているイメージありませんか?

次におすすめするのは音楽を聴くことです。今ではサブスクでたくさんの音楽を聴くことができるようになりましたよね。

しっとりとした音楽よりアップテンポな洋楽などが特にオススメです。「テンション上げてくぞ〜!」という気持ちになれます。

しかし、学生だと音楽を聞く(=学校の校則的によくない)ということもありますよね。

その場合は試合会場にいくまでの道中で音楽を聴くのもおすすめの方法です。

試合会場が近い時もあると思います。大抵の場合が車移動や電車移動になるのではと思うので、その時間を利用してノリノリになっておきましょう。

余談ですが、高校時代の顧問は『自分が実力を出せるなら基本的になんでもしていい』というスタイルでした。

ただ放られている感じがするかもしれませんが、極端に言うと『音楽を聴いたら勝てる』のならぜひ聴いてくれ!と言う感じでしょうか。

私は自由にさせてくれたことによってストレスなく過ごすことができましたし、自分に合った過ごし方を見つけることができたので感謝しています。

正解はありませんが、音楽に限らず『昼寝をして勝てるならしていいよ』などある程度の『過ごし方の自由さ』は求められるのかもしれませんね。

おすすめの過ごし方③ 対戦相手の試合は見過ぎない

おすすめというより『しない方がいいこと』

最後にご紹介するのは『対戦相手の試合は見過ぎない』ことです。

なぜ、対戦相手の試合を見過ぎるのはよくないのかというと

プレーを外から見ると強そうに見えてしまうから萎縮してしまう(=対戦するより強く見えるからびびってしまう)からです。

強そうに見えてしまって意識してしまうと萎縮してしまうことがあります。

相手の癖や調子を知るために少し見るのはいいですが、試合直前にじっくりと観察するのはよくないです。

バドミントンはメンタルが大きく関わるスポーツですから、試合直前に萎縮してしまってはもったいないです。

また、試合直前は緊張していることがほとんどですから、萎縮するとさらに動けなくなってしましますよね。

分析するなら試合直前を避けることをおすすめします。

まとめ バドミントンの試合直前は実力を出すためにおすすめの過ごし方をしよう

今回のひきだし
  1. とにかく人と話す
  2. 音楽を聴く
  3. 対戦相手の試合は見過ぎない
  • 『緊張は悪くない』→むしろ緊張するのは『それくらい勝ちたい』と思っているから
  • 分析するなら試合直前を避けること

メンタルコントロールなどを含めて3種類のおすすめの過ごし方をご紹介しました。

直前の過ごし方次第でバドミントンのプレーの質は変わってきます。それぞれ向き不向きがあると思うのでたくさん試してみてください。

よかったらシェアしてね!

 

 




 

 

 

目次
閉じる