【ダブルス編】バドミントンの攻撃力をアップする!オススメ練習方法

ダブルスの攻撃力をアップしたい!

ダブルスの攻撃力を高めるにはどんな練習をすればいい?

皆さんは今攻撃したいのに!というところで攻めれなかった経験はありませんか?

イメージ的には打って、決めて…

私もイメージだけは完璧でなかなか思い通りにできなかったことも多々あります(泣)

では、イメージ通り攻撃力をアップさせ、攻撃で点数を取れるようになるにはどんな練習がいいのでしょうか?

目次

まずはじめに ダブルスの攻撃力には2種類ある

ダブルスでの攻撃力や攻撃的とは2つに分かれると思います。

  1. スマッシュスピードなど球の攻撃力アップ
  2. ラリーの中で攻撃し続けるスキル

このように2つに分けることができます。

今回は、❷のダブルスのラリーで攻撃し続けるための練習方法について書いていきたいと思います!

ここでスマッシュなどの単発的な球のスピードは置いておきます。

ラリーの中で攻めるというイメージについて

上で『ラリーの中で攻撃し続けるスキル』と書きましたが、一体どのようなことかというと、

相手が攻撃する隙がないように自分たちが常に攻撃していく

というようなイメージです。具体的に言うと、

  • すぐにロブをあげて逃げないようにする
  • 返球は全てネットを超えたあと沈む球にする
  • スマッシュを打たれても攻撃的に攻めのレシーブをしていく

このような感じです。

一見簡単そうに見えますが、実はかなり難しいのが攻撃し続けることです。

と言うのはバドミントンのダブルス自体が攻撃することが基本なのでお互いに攻め合いになるからです。

その中でも『自分たちの方が攻撃する』という意識が大切なのです。

練習を始める前に 意識することを再確認

バドミントンが効率よく強くなりたいなら練習での意識が一番大切

ただ練習するだけでは効果も半減してしまうので、ちゃんと目的意識や意識するべきポイントを押さえておきましょう。

今回はダブルスの『攻撃』という部分に重点をおくので

攻撃がもっとできるようになりたい、だから練習から攻める瞬間を見逃さない!

こんな風にしっかりと自分の課題に向き合って高い意識を持って練習に取り組みましょう

ではここからは具体的な練習方法についてレクチャーしていきます。

練習方法① 2対1でローテションしながら攻撃練習

まず初めに紹介する練習は、ローテションをしながらの攻撃練習です。

なぜローテションを入れた攻撃練習をするのかというと、

  • 動きがある中で攻めていけるようにすること
  • ハーフにきた球など繋ぐ場面でもネットから浮かさないようにする感覚を身につけるため

このようなことがあげられます。

何事も本番の試合を想定することが大切です

本番のようにしっかりと動きながら攻撃できるようになるには本番同様の動きで練習するしかないのです。

また、私のオススメは、

  • 1の人にレシーブをしてもらう
  • 1のレシーブ側は半面、2(動く方)は全面
  • ハーフ球を混ぜてもらい後衛が返球、その後前衛と入れ替わる(=前に出てくる)

このような感じで2対1で行っていきます。

意識としては、

  • とにかく『ずっと自分たちが攻めるんだ』という気持ちで取り組む
  • シャトルの下に速く入ることを意識して動く
  • 足を止めない(リズムを取り続ける)

このような事を意識しながら行うことでグッと練習の質が上がってきます。

この記事は攻撃力をメインに書いていますが、下の記事は『ダブルスの全体的なレベルアップ』をテーマに書いているのでぜひ合わせて見てみてください。

練習方法② ノックでひたすら打ち込む

次に紹介する練習方法は、『ノックでひたすら打ち込む』というものです(笑)

ここではダブルスなので、2人でコートに入って行います。

この練習は2種類あって、

  1. ローテーションなし(前衛後衛固定パターン)
  2. ローテションあり(前衛後衛入れ替わりながら行うパターン)

バドミントンのダブルスは前衛・後衛と固定はせず、ローテーションを頻繁に行うスポーツなので2人ともが両方こなせるようになる必要があります。

しかし、まずダブルスの形でスマッシュやプッシュを打っていけるようになる必要があるので

1.ローテーションなし(前衛後衛固定パターン)どちらに入ってもしっかりと球を打つ感覚を身につけてから

2.ローテションあり(前衛後衛入れ替わりながら行うパターン)を行うとより段階的に攻撃力アップが可能

ノックをあげる方はローテーションがしっかりできるような配球を意識し、片方が球が飛んでこなくて『暇な時間』を無くすように素早く出していきましょう。

1人で行うノックより本数を多くして大丈夫です。むしろ、バドミントンのダブルスはラリーが長くなる傾向にあるので30〜40本/1セットを目安に行うとよいかもしれませんね。

また、段階的にやっていくのもオススメですが、もしある程度ダブルスができるならどんどんローテーションを取り入れてノックを行っていきましょう!

私は高校生になってから本格的にダブルスの練習に取り組み始めましたが、意識を高く持って練習に取り組んだことでダブルスで全国大会に出場できました。

高校に入ってすぐはダブルスをしているのにシングルスのような配球をしてしまうような感じでしたが、

何回もこのような攻撃をメインとしたノックを行ったことで攻撃的なダブルスの感覚を掴むことができました。

今回の『ひきだし』 バドミントンのダブルスは攻撃が大切

今回は『攻撃』に焦点を当てた内容でした。攻撃力というものはすぐつくものではありませんが、繰り返し練習を積んでいくことで成長を感じられるようになると思います!

また、バドミントンのダブルスは攻撃力だけではなく、レシーブ力や細かい技術も必要になるので全体的にレベルアップしていきましょう!

よかったらシェアしてね!

 

 




 

 

 

目次
閉じる