【試合中】バドミントンの試合でメンタルを強く保ち続ける方法

  • 試合中に弱気になってしまう
  • 試合中に強いメンタルを保ち続けるにはどうしたらいい?

と思っていませんか?

皆さんは試合で競った時に弱気になって負けた経験はありますか?

私は小学生の時にちょっと負けていると泣いてそのまま負けることが多かったです(笑)

しかし、経験を積んでいったり試合での気持ちの持っていき方を自分なりに習得したことでメンタル負けしなくなりました

ではどのようなことをすれば強いメンタルを保ち続けることができるでしょうか?

この記事では強いメンタルを解説し、保つ方法3つを具体的にご紹介します。

この記事を読んで得られるひきだし
  • 試合中に強いメンタルを保つ方法が分かる
目次

はじめに バドミントンの試合中での強いメンタルとは?

試合中の強いメンタルとは…

  • たとえ負けていたとしても強気で挑んでいく姿勢。相手に萎縮することなく自分のプレーを出し切れるかどうか。

逆にまだ負けが決まったわけではないのに勝ちを諦めてしまったり、最初から『相手が強いからどうせ負ける〜』と諦めモードで試合に望んだりすることは弱いメンタルです。

また、相手が自分以下だから勝てるだろうと油断するのもよくありません。

常に『どんな相手であっても挑んでいく』その姿勢が強いメンタルなのです。

バドミントンの試合中に強いメンタルを保つためには

バドミントンの試合中にどんなことをすれば強いメンタルを保つことができるでしょうか?

  • 深呼吸
  • 軽くジャンプ
  • 『大丈夫』と言い聞かせる

私がよく試合の時に実践している方法です。これらの行動をすることで弱気になることがなくなりました。

深呼吸して落ち着かせよう

この方法は実際に効果があるとされています。割と有名な方法ではないでしょうか。

深呼吸は集中力を高めることができ、緊張を解してリラックス効果も得ることができます。

深呼吸する女性

そんな深呼吸ですがいくつかポイントがあるのでご紹介します

深呼吸のポイント
  • 先に自分の中の空気を吐き出してから息を吸う
  • 胸を張って頭を上げて行う
  • (緊張がほぐれていくなど)いいイメージを取り込むように行う

これらのポイントを押さえることによって更に効果がアップします。弱気になって強いメンタルが保てなくなってきたと感じたら行うようにしましょう。

軽くジャンプして体をほぐす

バドミントンに限らず様々なスポーツで試合前に軽くジャンプをしているのをよく目にします。

実は緊張を解したり、体をやる気モードに切り替えるためには良い行動なのです。

私も試合前に軽くジャンプし、『よしこれから試合だ』と自分の気持ちを高めています。

毎回やっていると自分のルーティーンになりますし、気持ちを試合モードに切り替えやすくなるのでオススメです。

『大丈夫』と言い聞かせる

「なんだそれ!」と思うかもしれませんが、口に出して言葉を発することはかなり効果があります。

負けていると必ず暗く考えてしまいますから、口で発することで無理矢理にでも前向きなメンタルに持っていく方法です。

私は『まだ大丈夫、いける』とボソッと唱えることが多いです(笑)

『大丈夫』ではなくてもいいので『まだいける!』などポジティブな言葉を唱えるようにしましょう。

バドミントンの試合で強いメンタルを保つには方法を知ること

私は弱気になることがありません。厳密にいうなら弱気になることがなくなりました。

小さい頃からバドミントンをしていますが、決して最初から強いメンタルを保ち続けていたわけではありません。

小学生の頃は「負けそうになったら泣く」「ビデオカメラで録画されて怒る」ような子でした(笑)

しかし、全国大会やそこに繋がる大切な大会を経験していくうちにだんだんとメンタルをコントロールすることができるようになりました。

なので性格やもともと持っているものは関係ありませんメンタルを強く保つには方法を知るしかないのです。

強いメンタルは練習で身につくものです。決して諦める項目ではありません。

強いメンタルを保つには『簡単なことができるか』が鍵

簡単なことというのは先ほどリストアップした

  • 深呼吸
  • 軽くジャンプ
  • 『大丈夫』と言い聞かせる

というようなことです。

気持ちをコントロールするには深呼吸緊張をほぐすには軽くジャンプ不安を追い払って強気を保つには『大丈夫』と言い聞かせることです。

逆に言うと、強いメンタルを保ち続けるには『試合に対して強気で挑むこと』さえできれば大丈夫なのです。

弱気になるのは他の思考(負けたらどうしようなど)が邪魔してくるからなのです。

そうならないように簡単なこと(深呼吸、軽くジャンプ、『大丈夫』と言い聞かせる)で弱気を消していくだけです。

まとめ 【試合中】バドミントンの試合でメンタルを強く保ち続ける方法

今回ご紹介した3つの方法を実践していくことで強いメンタルは保つことができます。

今回のひきだし
  • 深呼吸
  • 軽くジャンプ
  • 『大丈夫』と言い聞かせる

この3つの方法で強いメンタルは保つことができる。

メンタルで試合の勝敗が決まることもあります。最後まで諦めることなく試合に強気で挑むことができれば立派な選手です。

よかったらシェアしてね!

 

 




 

 

 

目次
閉じる